フリーランスから技術力の高いチームで戦う場を求めて

相原 知栄子
出身大学:東京音楽大学
出身学部:音楽学部 ヴィオラ専攻
所属:クラウドインテグレーション事業部 企画開発課
役職:企画開発担当部長兼企画開発課課長

経歴

東京音楽大学 音楽学部 ヴィオラ専攻 
フリーの音楽家として活動

お手伝いでWeb制作を始めることになり、WordPressに出会い、WordPressが大好きになり演奏家とWeb制作の二足の草鞋で生計を立てておりました。

入社の決め手

2003年入社なのですが、そもそも音大出身で演奏家として活躍しており、IT業界は全く経験なし、大学卒業するまでキーボードすら打ったことがない状態でしたが、ひょんなことからお手伝いでWeb制作を始めることになり、演奏家とWeb制作の二足の草鞋で生計を立てておりました。
その頃、非常にWordPressが好きでやっていたのですが、子育ても一段落したところで一人でやって行くのではなくて、チームで仕事をしていくとはどういうことか、Web制作を最初から最後まで見届けるとはどういうことかと考えるようになり、そんな時にFacebookで当社の募集を知りました。
元々、WordPressのコミュニティや当社から少しお仕事をいただいていたのですが、技術的に足りないんじゃないかと不安でしたが、応募してみました。

担当業務

当社のプロダクト、ソリューションをお客様にご案内し、お客様の課題解決をする為のご提案を差し上げる。
Microsoft様、AWS様を始めとする、国内外28プラットフォームのCloud事業者様とのアライアンスという立場で、競合施策を打っていくということが主な業務となります。大変刺激的な仕事で楽しんでやらせていただいております。

入社前と入社後のギャップについて

ギャップはありまくりです(笑)
WordPressが好きでエンジニアとしてそれをやりたくて入社しましたが、ディレクションであったり、プロジェクトマネージャーであったり、プロダクトマネージャーであったり、採用も少しやらせていただいたり、社内システムの導入であったり、マーケティングであったり・・・とありとあらゆることをやらせていただき、次々に自分では思いもよらない経験をさせていただけていることです。

入社して苦労したこと、大変だったこと

大きなプロジェクトに関わらせていただき(内容が言えないので申し訳ないのですが)本当にとても大変だったが、やり遂げたことで次の仕事にも活きてくるので、そういった蓄積が今の自信に繋がっていると感じています。

入社して価値があると感じたこと

①チャレンジと変化をさせてもらえたこと。
会社でも初めて取り組むことに携わらせていただく機会が多く(例えば海外出張に初めて女性一人で行かせてもらったり)色々やらせていただけてすごくチャレンジができました。失敗も沢山しました・・・が会社として前に進んでいる限り、その失敗を問われることがない、責められることがない環境でしたので、安心して飛び込めたということです。
②個人で仕事をしていたら絶対に出会えることがなかった、大企業クライアントやCloud事業者様との出会い。
③大きな案件を目の当たりにできること。
④新しい技術を取り入れるスピード感

会社選びをしている皆様へ

当社が持っているプロダクトや技術でお客様の問題を解決するという仕事なので、技術の知識や、提案内容など幅広い目線で対応することになるので、大変ですがその分やりがいもありますので、ご興味をお持ちいただきチャレンジしてみたいと思っていただければ、是非ご応募いただきたいと思います。
また女性の立場からの話になりますが、社内は勿論のこと、お客様も、対等に評価され活躍できる場がある環境になので、是非、女性の方のチャレンジをお待ちしております。